• ホーム
  • IPOのデメリット、公募割れとは?

IPOのデメリット、公募割れとは?

元気を出す男

IPO投資は初値売りでも大きな利益を手にすることができる可能性が高く、公募価格で取得を出来れば比較的リスクの少ない投資対象となります。
しかし、IPOといっても確実に初値売りで利益が出るとは限らず、公募割れをしてしまう可能性もあるということを理解して置かなければなりません。

一般的にはIPOは割安価格に設定をされて公募が行われますが、市場の反応が悪ければ公募割れをしてしまうこともあります。
注目度の低い業種であったり、大型のIPOの場合には思うように買いが集まらないで公募割れをしてしまい、いきなり損失ということもあり得るのです。
更に公募割れを起こしてしまったIPOというのは、いきなり含み損を抱えた投資家であふれることになりますから、更にパニック的な連鎖売りが発生して損失が拡大してしまうというケースもあります。

初値形成後の株価の動きというのは正確に予想をするのは難しいものですから、元々割安だったのが更に公募割れでより割安感が出てすぐに公募価格まで上昇するということもありますが、初値売りを前提としてIPOに申し込んだ投資家が多ければ、公募割れから更に株価が下がり続けるということも珍しくないので注意しなければなりません。

IPOは初値高騰確実視をされるプラチナチケットは簡単に当たるものではありませんから、リスクがあるけれども当選しやすいという銘柄に力を注いでしまいがちです。
買いが集まらないような不人気銘柄は多く当選をしてしまい、損失も大きくなりやすいというデメリットがあるので十分に理解をして投資をすることが大切です。

IPOはしっかりと分析をすれば高勝率を期待することはできますが、何でもかんでもIPOだからという理由で申し込みをしていると停滞損失を出してしまうおそれがあるので注意しなければなりません。
IPOはメリットも大きいもののデメリットも大きい部分がありますから、特にリスクがありそうな銘柄には注意する必要があります。

公募割れを割けるポイント!人気、注目度で判断

IPO投資で怖い公募割れですが、事前調査をしっかりとしておけば回避をすることはそれほど難しいものではありません。
人気のある業種で注目度が高く、公募の枚数も少ない銘柄というのは余程のことがない限り公募価格を割ってしまうというのは極めて少ないものとなっています。

その代わり初値をまず割ることがないと考えられる銘柄は当選する確率も低いので、リスクは極めて少ないもののリターンも少ないといえます。
IPOに当選をしたいけれども公募割れも避けたいとなった時には、大型IPOを狙うことになりますが、大型IPOは良くも悪くも注目度は高いので注目度だけで判断をするのは禁物です。
注目が高くなおかつ人気が集まりそうかということをよく事前調査しておくことが重要なことになり、注目されるから買いが集まるだろうという判断をして応募をするのは避けましょう。

公募割れが濃厚に考えられていた銘柄であっても、蓋を開けてみれば予想外の高値がついて応募をしておけばよかったと思ってしまうことも少なくありませんが、IPOはリスクが少なくリターンを得ることができるのが大きな魅力なわけですから、少しでも損失を出す可能性があると思った場合には回避をすることが大切です。

大型IPOで大きなリターンは見込めないものの、公募割れはほぼ考えられないという銘柄は年に一回程度は出てくるものですから、そのようなチャンスを逃さないようにしましょう。
IPO投資が注目を集めたことで、何でもかんでも応募をしておけばいいという考えになりがちですが、事前調査をしておかないと公募割れする銘柄だけを掴まされてしまって損失ばかりということになりかねないので、人気と注目度の事前調査は欠かすことができません。

この点をしっかり守っておけば、IPOで損失を出してしまう可能性は極限まで抑えることができます。

関連記事