グラプとマップ

株式投資に関する情報を収集する際に、IPO株(新規公開株)という表現を見かけることがあります。
IPO株も民間企業(株式会社)の株である点で“普通の”株式と同じように証券口座を通して購入・保管します。
それでも購入価格や購入方法の点で、一般的な株式とは異なります。
IPO銘柄の株式は証券市場で売買取引される通常の株式よりも利益を得られやすいため、特に株式投資の初心者におすすめの銘柄です。

IPO株の購入方法や取引方法についての知識があれば、投資初心者の方でも株式投資で大きな利益が得られるチャンスがあります。
ある程度株式投資に慣れてきた方であれば、IPO株の買い方や取引方法についても知っておくと良いでしょう。

IPOとは?簡単に利益が出せる初値売り

IPO株の「IPO」とは“Initial Public Offering”の頭文字の略語で、日本語では「新規公開株」または「新規上場株式」と呼ばれている株式のことを指します。
分かりやすく言うと、企業(株式会社)が自社の株式を一般投資家が自由に取引ができるようにするために、証券取引所に新規に上場する際に売り出す株式のことです。
既に一般投資家の間で売買が行われている株式は証券取引所で行われる取引によって入手することができますが、新規に売り出される株式は企業から直接購入して入手します。

一般的に投資家間で売買が行われている株式は、時価で取引されます。
これに対して新規公開株の場合は、発行元の企業により最初の販売価格が決められ、「公開価格」と呼ばれています。
一般的に公開価格は市場で取引が行われる際に予想される株価(時価)よりも低めに設定されるため、IPO株は本来の株価よりも割安の値段で株式を購入することができます。

IPO株は一部の証券会社に配分

新規に販売されるIPO株は一部の証券会社に配分され、証券口座を持つ投資家の中で希望する人が購入の申し込みを行うことができます。
新規公開されるIPO株を購入すると、証券取引所で初めて売買(公開)されるよりも早く株式を入手することになります。
事前に投資家に販売されたIPO株が上場日に公開されると、証券取引所で自由に売買取引ができるようになります。
証券取引所で新規に株式が公開されて、最初に付けられる株価のことを「初値」と呼びます。

一般的に企業がIPO株を販売する際に設定する「公開価格」は、予想される株価よりも低めの値段が付けられます。
このため、IPO株として事前に投資家に販売された株式が公開されて付けられる「初値」は、公開価格を上回るケースが多いです。
そのため、IPO株を購入した投資家は上場日に株式を売りに出すだけで、簡単に利益(売却益)を得ることができます。
高い確率で簡単に利益が得られるIPO株は、投資家の間で人気を集めています。

多くの場合、新規公開株の初値は公開価格を大きく上回ります。
場合によっては初値が公開価格に対して100%~200%も高いケースもあり、IPO株を買ってすぐに初値売りをするだけで、大きな利益が得られるチャンスがあります。
但し、初値が公開価格を上回ることが保証されている訳ではありません。
IPO株のうち、2~3割程度は初値が公開価格を下回っています。
それでも初値が公開価格に対して1割以上も下落するケースは稀で、7~8割もの高い確率で利益を得ることができます。

新規公開株が発表される件数(銘柄)は年間50件~100件程度で、多い月で20件前後、少ない月だと0件の時もあります。
IPO株は証券会社が購入希望者に販売します。
希望者が多数集まると抽選となり、当選した人にIPO株を購入する権利が与えられます。
IPO株は非常に人気が高いので、証券会社で抽選が行われています。
申し込みをしても抽選に当選しなければ、IPO株を購入することができません。

まずはIPO株の配分がある証券会社で口座を作ろう

IPO株を購入して初値売りをすれば、非常に高い確率で利益が得られます。
このため、IPO銘柄は株式投資初心者の方に特におすすめです。
IPO株の発表が行われると、株式が配分された証券会社で購入希望者の募集が行われます。
IPO株の応募をするためには、その証券会社に既に証券口座を開設している人に限られます。
希望者多数の場合に抽選が行われ、当選した人だけがIPO株式を割安価格で購入できる権利を得ることができます。

一般的に新規上場の発表が行われてから購入希望者(抽選参加者)の募集が締め切られるまでの日数は短く、数日~2週間程度の期間しかありません。
新規上場の発表は年間を通して不定期に行われるため、IPO株を購入するためには、新規上場の発表が出たらすぐに抽選の申し込みをする必要があります。
証券口座の開設は数日~1週間程度の期間が必要なので、新規上場の発表を知った後に承継口座の開設手続きをしても間に合いません。
抽選に応募するためには、事前に証券口座を開設しておく必要があります。

証券会社に口座を開設する際にも、注意をすべき点があります。
公募予定のIPO株は、全ての証券会社に公平に株式が分配される訳ではありません。
一部の証券会社にのみに配分が行われ、配分された証券会社ごとに購入希望者の抽選が実施されます。
証券会社によってIPO株式が配分される量が異なります。
IPO株が配分される可能性が高い証券会社と、そうでない証券会社が存在します。
このため、過去にIPO株式が配分された頻度が高い証券会社を調べておき、事前に口座を開設しておくようにする必要があります。

新規公開株の抽選は、証券口座を持つ投資家であれば誰でも申し込みができます。
1人につき1口ずつ抽選に応募することができます。
同一人物が複数の証券会社に口座を開設している場合には、それぞれの証券口座で1口ずつ抽選の申し込みをすることも可能です。

複数の証券会社の抽選に申し込みをすれば当選確率が高くなりますが、抽選に参加するためには、購入を希望する株式の代金を証券会社に預けておかなければなりません。
例えば、5つの証券会社でそれぞれ10万円分のIPO株購入の抽選に参加するために、合計で50万円(10万円×5社)の購入資金を証券会社に預けておく必要があります。
落選または当選しても購入をキャンセルした場合には、預けておいたお金は手数料も含めて全額返却されます。

IPO株式購入前の準備

IPO株式を購入するために必要な準備ですが、新規公開株が配分される証券会社に証券口座を開設しておく必要があります。
新規上場の発表が出たらすぐに購入の申し込みを行うようにして、可能であれば複数の証券会社の抽選に申し込みをします。
抽選に参加するためには、応募する口数(証券口座)に応じた購入資金を用意しておく必要があります。
新規公開株に関する発表と購入希望者の募集は突然行われることが多いので、自分で情報を収集しておかなければなりません。

IPO株情報はIPOスケジュールで確認

IPO株式が配分されそうな証券会社に口座を開設して購入資金を準備できたら、新規公開株の発表を待ちます。
有名企業であれば、新規に公開される株式に関する情報がテレビや全国紙の新聞などで大々的に発表される場合があります。
ところが大抵の場合、一般的なマスメディアでは新規上場の情報は報道されません。
新規に上場するような会社は知名度が低い場合がほとんどなので、自分から積極的にIPO株関連の情報を収集する必要があります。

IPO株の発表は突然行われ、発表されてから数日後に購入希望者の募集が締め切られてしまうケースがほとんどです。
このため、常に最新情報を入手しておく必要があります。
新規公開株に関する情報を収集する際は、インターネット検索が役立ちます。

IPO株関連の情報をインターネット検索で調べる場合には、“IPO スケジュール”や“新規上場 予定”、“ブックビル 期間”などのフレーズで検索すれば、簡単に情報を収集することができます。
ネット検索でスケジュール表にアクセスした際は新規公開株の銘柄や公開価格だけでなく、募集期間や証券会社についても調べておきましょう。
公開日から抽選の申し込み期間が数日程度の場合もあるので、短期間で購入資金を用意して証券口座に入金しておく必要があるからです。

新規公開の多い時期はある?

基本的にIPOの発表は不定期に行われますが、年間を通して多い月と少ない月が存在します。
企業の決算期である3月、6月、9月、12月は新規上場の発表が多いので、こまめにインターネットの情報をチェックするようにしましょう。
特に12月は新規上場の発表が多いので、IPO銘柄の購入希望者は要チェックです。

ネット検索でスケジュール表が掲載されているサイトにアクセスできたら、銘柄(会社名)・公募価格決定日・ブックビル(BB)期間・申込(購入意思表示)期間・上場日の日付を確認します。
スケジュールの一覧が掲載されている一部のサイトには、取り扱い証券会社や引き受け割合(株式数)なども表示されています。
自分が口座を開設している証券会社に株式が配分されるのか否かについても確認しましょう。
取り扱い証券会社に口座を開設している場合には、抽選の申し込みができるので、購入希望口数を決めて資金を入金しておきます。

IPOのスケジュールが掲載されたサイトを調べれば、新規上場銘柄の株式が配分される頻度の高い証券会社を把握することができます。
口座維持手数料が無料であれば、それらの証券会社に口座を開設しておくようにしましょう。

IPO銘柄の中には抽選の申し込み日まで数週間程度の期間があるケースもありますが、このような銘柄は応募者が殺到するので倍率が高くなり、当選する確率が低くなってしまいます。
逆に、発表から申し込み締切までの期間が短い銘柄の方が倍率が低く、当選する可能性が高い傾向があります。
IPO銘柄を狙う場合にはこまめにネット検索をして、スケジュール表をチェックするようにしましょう。

当選したらいよいよ申し込みを忘れずに!

新規公開株式の抽選に応募して当選したら、割安価格でIPO株を購入することができます。
注意すべき点として、抽選に申し込みをする際に既に株式の購入資金を入金しているのだから、抽選に当選すれば自働的に株式が購入できると思っている方がいます。
抽選に当選したとしても、自分から購入するための申込手続きを行わない限り、株式を入手することができません。
抽選から購入までの流れをきちんと把握しておく必要があります。

証券口座にお金を入金してからブックビル期間に新規公開株購入の抽選の申し込みを済ませたら、抽選日を待ちます。
証券会社によって、当選または落選についての情報がメールで通知される場合と、自分でログインして確認しなければならない場合があります。
メールで通知されない場合には、抽選に当選していても自分から調べない限りは抽選結果を教えてくれません。
IPOに申し込みをしたら、絶対に抽選日を忘れないようにするようにしましょう。

抽選に当選していることが判明したら、購入意思表示期間または申込期間をチェックしましょう。
必ずこの期間中に、購入の意志表示をしなければなりません。
もしもこの期間中に購入の意志表示をしなければ、当選していても株式を購入する権利が消滅してしまいます。
株式の購入意思表示方法は証券会社によって異なりますが、ネット証券会社であればインターネットのログイン画面の中で手続きができます。

ネット証券会社のログイン画面からIPO株式の購入意思表示をする場合には、専用画面でチェックを入れて、ログインパスワードまたは売り注文を出す際のパスワードを入力するケースが多いです。
この作業を忘れてしまうと、抽選に当選しても株式を購入することができなくなってしまうので注意が必要です。
抽選日と意思表示(申込)の期日を忘れないようにしましょう。

IPO株を入手できたら

IPO株を入手できたら、上場日に売り注文を出して初値で売却するのを忘れないようにしましょう。
公開価格よりも初値が上回るケースがほとんどなので、大抵は上場日に利益を確定することができます。
もしも上場日を過ぎたとしても、株価が公開価格を上回っていたらいつ売却しても構いません。
株主総会に出席したければ、3月末の権利確定日まで持ち続けることもできます。

現在は個人投資家が株取引を行う際にネット取引が主流です。
ネット取引の場合は手数料が安くて手軽ですが、担当者に面倒を見てもらうことができません。
証券会社によっては抽選結果をメールで通知してくれない会社もあるので、抽選日に結果を確認するのを忘れないようにする必要があります。

IPO株式を購入する場合には新規上場の申込手続期間、抽選結果発表日、購入意思表示期日、株式の上場日などの「期日」がたくさんあります。
ネット証券会社を利用する場合には、これらのスケジュールを全部自分チェックして、それぞれの期日までに確実に行動をしなければなりません。
IPO株の取引を行う場合には、スケジュールと申込手続きの期日を忘れないようにしましょう。

記事一覧

まず、株式の購入には「単元」が何株からなのか注意しておく必要があります。 単元株数は基本的には条件を...

株式投資を始めて間もない方や、ベテランの投資家でも、自分の投資方針の見直しを考えている方は株ブログを...

元気を出す男

IPO投資は初値売りでも大きな利益を手にすることができる可能性が高く、公募価格で取得を出来れば比較的...

グラプ

ここ数年間で投資家の注目を集めているのが、株式新規公開(IPO)株です。 IPO株は上場後に値上がり...

電話で話す男

IPO株は購入後に値上がりする可能性が非常に高くて簡単に利益を出すことができるので、高い人気がありま...

日本円

IPOに当選するためには、多くの証券会社を使用したほうが有利になります。 1個あたりの証券に対して5...